活動でシナプソロジーを行いました。

活動でシナプソロジーを行いました。

放課後等デイサービス こどもデイサービスわこう皆生通り

 

活動の一環としてシナプソロジー(犬・猫ゲーム)をしました。
シナプソロジーは普段慣れない動きにより、脳に適度な刺激を与えて活性化を図ります。

まずはくじで犬チームと猫チームに分かれます。
チームごとに分かれ、みんなで話し合って順番を決めます。


はい!では同じ番号のお友達と向かい合って座って~
「ルールを説明するよ!」 一斉に私の方を見るみんな・・・・
お~すばらしい♪
先生が「犬!」か「猫!」と指示を出します。                      「犬!」と言ったら、犬チームの子は猫チームの子の手を握って下さい。
その時猫チームの子は、握られないように手を引っ込めてね。               「猫!」と言ったらその逆だよ。

みんな自分が何チームか覚えててよ。 「いくよ!」
        「猫!」

笑い声が起こりました(^o^)
「やったー つかまえたー」「いえ~い 逃げれたぞ~」
色々な声が聞こえてきました。
 犬と猫を何回ずつ繰り返すと さあ スパイスアップ!!
新しい刺激を与えます。
 

犬チームは(青)、猫チームは(赤)に変わります。
色で言うから気をつけて! 準備してねー いくよ!
              「あお!」

またまた笑い声(^o^)
「あ~そういうことかー」「僕何色だったっけー?」
はい!じゃあ最後のスパイスアップだよ。
「先生は物の名前を言います。それが何色か考えて握って下さい。例えばりんごは赤だよね。    そうしたら赤チームの子が握ってね。」

            「はい!いくよー!」

「トマト!」  「先生!何て言ったか聞こえんかったー」

マスクをつけていて聞こえにくかったかな?!
いや 滑舌の問題かな?(;一_一)
指示を出す前にみんなが耳を澄ましてピタッと止まる姿がとっても凛々しかったです。

またやりたいと思います。