放課後等デイサービスとは

放課後等デイサービスとは?

 放課後等デイサービスとは、児童福祉法に基づき県からの事業指定を受けた施設のことを言い、小学生から高校生までの療育が必要と認められたお子さま、もしくはその心配のあるお子さまを、放課後や夏休み等の長期休暇中においてお預かりする施設です。

 お友達との交流、レクリエーション、体験学習などさまざまな活動を通して、お子さまひとりひとりの発達や自立を促進するとともに、放課後等の居場所づくりを行います。

 またレスパイトケア(ご家族に代わり一時的にケアを代替すること)としての役割を担っています。

支援方針

  • 子どもたち一人ひとり個性を尊重し、個々に応じた支援を提供します。
  • 活動や遊びを通して子どもたちの可能性を引き出し、将来に向けて必要な支援を提供します。
  • 他者との関係性を重視し社会性をはぐくむよう支援します。
  • ご家族や学校と連携し、相互に理解を深めながら、子どもたちとご家族の地域生活を支援します。
  • ご家族の不安を軽減できるよう、相談事にはいつでも耳を傾けます。
  • ご家族様へのレスパイト(休息ができるよう)支援を行います。

利用対象者

 就学されている小学生から高校生までの療育等の支援が必要と認められる障がいをかかえる児童。
   ※ 不登校のお子様もお受けしています。

利用定員

 10名

休業日

 日曜・祝日 年末年始(12/31~1/3)

サービス提供時間

平日
14:00~17:00
土曜日
9:30~17:00
※学校休日も土曜日と同様の時間となります

1日の流れ

平日
13:30~お迎え・健康チェック
自由遊び/学習
15:30おやつ
15:45集団活動
16:00
自由遊び/学習
16:50
片付け/トイレ
17:00自宅送り・帰宅
土曜日(学校休日)
09:30お迎え・健康チェック
10:00自由遊び/学習
12:00昼食
13:00自由遊び
15:00おやつ
15:15集団活動
16:00自由遊び
16:50片付け/トイレ
17:00送迎・帰宅

利用料金

 サービスの利用料金は、所得に応じて負担上限月額が設定されており、ひと月に利用したサービスの量にかかわらず、それ以上の負担は生じません。

 おやつ代はいただいておりません。